調剤実務実習

実習の受け入れについて

  • 画像
  • 6年制の薬学教育は、教養教育や医療薬学をはじめとする専門教育、薬局や病院など現場での実務実習の充実が図られており、医療人として相応しい質の高い薬剤師の養成が求められています。また、その教育方針は知識教育に偏ることなく、技能や知識の習得も目指しています。

    6年制教育において臨床に係る実践的能力を培うためには、実務実習の効果的な実行が不可欠であり、実務実習を行う薬学生が医療の最前線において、見学型実習ではなくできるかぎり参加型実習を行えるようにする必要があると考えます。

認定実務実習指導薬剤師がわかりやすく指導します

  • 画像
  • 薬局実務実習は3つの実務実習教育(大学での事前実習、病院実習および薬局実習)のうちの1つです。事前実習では薬局実習に関する科目の総復習、そして知識・技能・態度の評価を行い、これをパスした学生が実際の現場での実習に進みます。

    山梨県には薬科大学・薬学部はありませんが、(株)アークメディカルでは、地元での実習を希望する学生を積極的に受け入れる体制をとっており、現在まで多くの学生の実習に携わって来ました。

    薬局実務実習に必要な研修を受けた各店舗の認定実務実習指導薬剤師が『実務実習モデル・コアカリキュラム』の「到達目標」を実現するために、具体的な「方略」に基づいて実習生にわかりやすい実務実習を実施することを心がけています。

主な実習要項

    • 薬局・薬剤師のあり方
    • 薬局アイテムとその管理
    • 薬剤知識
    • 保険調剤業務の全体の流れ
    • 処方せん受付
    • 処方せん監査
    • 調剤業務と監査業務見学
    • 服薬指導
    • 薬歴
    • 保険請求業務
    • カウンター実習
    • 医薬品情報
    • リスクマネージメント
    • 地域における薬局の役割
    • 薬局製剤

過去(直近)の受け入れ実績

  • 平成23年度第3期 2名
  • 平成24年度第1期 1名
  • 平成24年度第3期 3名
  • 平成26年度第1期 2名
  • 平成26年度第2期 2名
  • 平成26年度第3期 1名
  •          
  • 平成27年度も2名の受け入れを予定しています。

認定実務実習指導薬剤師の声

「医療人教育の改革」全てのプログラムを終えて認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップに参加して本当に良かったと思えた。参加する前は大学側の取り組みに対して半信半疑なところがあったが、講演内容から大学側も本気で取り組んでいるのだと実感できて、何かこみ上げてくるものを感じた。
教える側が、薬学研究者ではなくて薬剤師を本気で育てようという姿勢があれば、学生の意識も確実に変わっていくであろう。
欧米のような薬剤師の社会的地位向上の実現のため、現場の私達も協力を惜しまないと思う。
教育者、学生、現場の三者の気持ちのベクトルが同じ方向を向いたとき、本当に社会から必要とされる薬剤師が生まれ、医療人として国民のために貢献できるようになると思う。

職場体験学習

  • 画像
  • (株)アークメディカルでは、カリキュラムに沿って大学が行う実務実習とは別に、「調剤薬局の業務に興味があり見学してみたい」「就職活動にあたり病院にするか薬局にするか迷っているので現場の薬剤師に相談したい」という学生のために職場体験学習という形で随時、 受け入れをしています。

    実際に調剤薬局の中に入って業務の流れを学習できるような仕組みで、体験のために訪れた学生からは好評をいただいております。

お問い合せ

お問い合せ

ページの先頭に戻る