医薬分業

アークメディカルの医業分業サポート

画像

近年、医薬分業の流れが進む中、必然的に分業に踏み切る先生方が増えています。弊社では先生方や患者様に納得し喜んで頂ける薬局づくりを考えています。

例えば、処方箋調剤だけではなく患者様のご自宅への配達業務、居宅療養管理指導業務、介護用品や衛生材料のご相談、販売、住宅改修のご相談、ケアマネージャーやヘルパーさんのご紹介など医療・介護・福祉を通して患者様の生活水準の向上を一番に考え日々努力しています。

また先生方が実際に院外処方に切り替える際に生じるメリットやデメリットを明確にし、各医院ごとにシミュレーションしながらご提案させて頂いています。

消費税の増税を含む薬価差縮小の問題、調剤過誤の問題、新薬やジェネリックを含めての医薬品在庫管理の問題など、様々な問題が医療機関にのしかかってきます。微力ではありますが、先生方の今後の医療経営において弊社がお役立ち出来ればと考えております。是非一度お問い合わせください。

医薬分業のメリット

患者様にとってのメリット

  • 薬剤師(薬の専門家)から、薬に関する説明や指導を受けられる。
  • 患者様の都合の良い、お近くの薬局で薬を受け取れる。
  • お薬の医師・薬剤師による二重チェックにより安心して薬を服用できる。
  • 薬を取りにいくのが困難な患者様には、薬剤師訪問の制度を利用できる。

医療機関側のメリット

  • 調剤ミスや医薬品在庫管理のリスクを軽減でき、診療に集中できる。
  • 医薬品を維持する経費や保管スペースを大幅に軽減できる。
  • 院内での患者様の待ち時間を短縮できる。
  • 服薬指導のための時間を軽減することで、本業に集中できる。

医薬分業のデメリット

医療機関と薬局と二カ所に行かなければならないので、一部の患者様にとってはご面倒に感じられるかもしれません。しかし、医薬分業のメリットはそれ以上に大きく患者様や医療関係者の皆様に、更には社会全体の利益につながると考えております。

ご不明点があれば、具体的な事例や資料等によりご説明いたしますので、是非お気軽にご相談ください。

お問い合せ

お問い合せ

ページの先頭に戻る